©PETAPPA
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
NTTブロードバンドナビ(gooでハリウッド映画が観れる)。
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
不況とリストラと不当解雇
 不況です。リストラ、解雇、賃金カット・・・。暗いニュースが毎日続きます。

リストラの条件って・・・なんだろう   これからは、景気の動乱期なんだろうね。 そんな中、理不尽な人員整理でリストラにあったら・・・。 大幅なコストカットという事で、景気の波に押されて、リストラしていく企業。

 リストラを指示する方も心中複雑だろうとは思います。中には、悩みぬいて涙をながす人もいるかもしれません。 誰だって、社員を切りたい人はいないと思います。

 じゃ〜、リストラ対象になる人って・・・。

 

仕事ができるとか、できないとかで選ばないようにしてください。

誠実であるか、ないかで選んでください。

どんなに仕事が出来てもズルをする人には先々の会社は任せられません。

嘘をつく人に仕事を任せられません。

不器用でも真面目な人を残してください。



 
あと、会社側も不当解雇はさけて下さい。 企業を存続させていくために整理解雇は、あるとは思いますが、不当解雇は違法です。  リストラの4条件は・・・


1.リストラの十分な必要性あるかどうか。

2.解雇を避けるために、努力をしてきたかどうか。

3.解雇対象者の選び方が公正、妥当であるかどうか。

4.労働者および労働組合と前もって十分に話し、協議を尽くすなどの解雇にいたる手続きに合理性・相当性があるかどうか。

 
 解雇は、労働者の生活に重大な影響を与えます。 

| 不景気 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
派遣切り、内定取り消し、社員解雇・・・先行き不透明。でも暖かいお話しも。
  派遣社員の削減が決まったシャープ三重工場がある多気町で、同工場の下請けの機械製造会社を経営する太田明さん(49)が、解雇されて住居も失った派遣社員に社員寮を提供しました。
 かつて、経営不振から従業員を解雇した苦い経験を持つ太田さん。「あのときの罪滅ぼしとして、何か役に立ちたかった」と話している。


 また、不景気の今こそ、人材確保のチャンス-。全国の建築塗装職人でつくる「日本建築塗装職人の会」(本部・埼玉県)は一月、全国で三百人規模の若手職人を募集する。やる気のある若者を集め、「伝統技術を受け継ぐ職人」を育てる狙い。全国に先駆け、神戸、芦屋など四支部で募集を始めた。

 こういった暖かいニュースもあります。

 不景気は分かります。確かに、世界同時不況で、お隣の韓国は、非正規雇用者が日本の何倍も多いらしく、この不景気で、失業者は、日本の1.5倍だそうです。

 
 ここで、大企業のとるべき行動が、先々、その企業のイメージにもつながるのではないでしょうか。

  生命保険の見直し相談
| 不景気 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雇用崩壊で失業者は派遣村へ
  派遣村・・・。そんな村にいたって、先が見えない、その日暮らしの派遣社員。。。

20年前の人材派遣会社は、専門職って言う名目で、各企業に派遣していたと思う。 派遣された人財が必ずしも、専門分野に精通していなくても、未熟でも派遣された企業では専門的な部門で仕事をしていたと思う。

給与も、けっして悪い事もなく(むしろ、いい方だったかもしれない)ボーナスも、もちろんあった。


じゃ〜、今の派遣労働者は・・・?日当計算に換算したら、5000円〜9000円くらいではないだろうか・・・。
専門職にだけ認められてきた派遣が1999年に、「原則自由化」。 2004年には製造業でも認められるようになり、派遣は、いつしか企業にとって格安な・・・「何かの時のための企業雇用の調整弁」的な位置付けとなっていった。


まさに、そこから派遣業界は転落していったのである。

無法地帯状態の派遣会社、派遣労働。

「派遣社員だもの、企業が業績悪かったら、派遣切するのはあたりまえ」って言われています。

不景気で、企業の仕事量も減っています。

今は、デフレで石油価格は下がっています。・・・それも下げ止まりらしいです。

・・・先は、どうなるんでしょうか?






| 不景気 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
金融危機で高級品業界にもかげり。
  金融不安はどこまで続くの・・・。2008年も、もう後残りわずかです。1年って早いもんです。
今年も自分自身色々な出来事がありました。 (それは又のブログで・・・)

さぁ〜、来年はどんな1年になるんでしょうか? サブプライムローン問題で株は大暴落・・・。世界の金融機関は大きく揺らいでいます。 いよいよ日本を含め世界中がとんでもない時代に突入しました。 トヨタショック・・・。ソニーショック・・・。などなど・・・。超大手企業の相次ぐリストラ、業務縮小で雇用は不安定になりました。大失業時代の幕開けなんでしょうか・・・。

のほほん〜ってしていられない気もしますが、じゃ〜何をすれば・・・。って事になります。
私もそうなんですが、何をすればって、結局あたふたして何もできない中途半端になるくらいなら、今はジッと何もしないって言うのも、1つの手かなって思います。 何かを模索、考えながらジッとする・・・。って感じでしょうか・・・(^^)

今週も始まりました。・・・もう2日もしたらクリスマス・イブ。子供達はサンタさんからのプレゼントを心待ちにしています。ゲーム、洋服、靴、アクセサリーなどなど・・・。
サンタさんは不景気で悩んでるのもお構い無しに・・・。 (^^);
| 不景気 | 03:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
デフレスパイラル・・・インフレ加速で大赤字。

評価:
スティーブン ローチ
中央公論新社
¥ 1,575
(2003-09)
  企業の経営が、どれだけ大変な事になっているのか、あるいは今後なっていくのか・・・。
今はまだ序の口です。つい最近(今年の夏)原材料が高騰しました。石油(ガソリン)が高騰すれば、企業は値上げせざるをおえませんが、庶民は長いデフレに慣れていました。値段をグッとあげたら、そう簡単に物は買ってくれません。 企業は安易に値段をあげれません。競争社会に負けてしまいます。・・・しかし、資源が更に不足したら・・・。 原材料費は更に上がり、一挙にしかも大幅に価格に天嫁される事態がきます。確実に・・・。

・・・すると、どういうことが起きるのか・・・。資本力のあるところや、競争力の強いところしか生き残れない・・・そんな時代です。

大企業でさえ、解雇(リストラ)などを生き残るために行なっています。 当然企業の数も来年は(2009年)減少傾向、国が大企業を潰さないために、又は雇用を守るために、税金を投入していくんでしょう。。。 そうすると、我々公共工事などで飯を食ってる建設業は、無駄な道、無駄な工事はいらない、削除って事にもなるんではないでしょうか。。。

最終的に言えば、今現在ギリギリで経営している会社は、来年は毎月毎月が大赤字になっていく可能性高いって事なんだろうね。
すでに銀行から、借り入れが多い業者は、アウトでしょう。  雑誌にもよく書いてある二極分化・・・。

世の中の仕組みは変わってきてると思います。大きな企業だから・・・とか、地元では老舗の会社など伝統をもっている会社でも、これからは、どうなるか分からない。。。そんな時代です。

サブプライムローン問題によって株は暴落し、大手企業リーマンブラザーズのあっけない破綻。
金融不安が広がり、食料品の不足又は、食料品の価格の高騰。などなど深刻な問題はそこまできていると思います。

知恵を絞れ知恵を絞れって・・・大多数の一般人は(自分も含め)限界ってあるし・・・。
日本の国は資源のない島国って言う事を、前提に国は(首相は)国民に打開策を示していかないと、目先の2兆円ばら撒き(それに伴う消費税アップのお願いでは、国民はもっと泣かされるだけ)では、やはり不安です。 経済を元気にしていく方法を生み出していただきたいものです。

| 不景気 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
失業・・・。
  毎日毎日、テレビからのニュースは暗いニュースがほとんど・・・。リストラ・・・解雇・・・期間や契約社員何千人削減などなど・・・。 いざなぎ景気とかなんとか・・・つい最近まで言ってたのに、アメリカが不安定になったら、世界のトヨタでさえ「トヨタショック」とかなんとかで、解雇、削減、リストラ・・・。

この年の瀬で、失業する方もおられるでしょう。 また、これから半年以内に人員整理とかなんとかで解雇される方も。。。 会社って冷たいもんです。 期間社員だからとか契約社員だからとか、首切やすいシステムを構築して先々運営をしています。 経営していく以上あたり前なんだろうけど、極端すぎるよ〜。 失業者が山ほどになって、失業保険の手続きでハローワークは大変だろうなぁ。。。

大企業に何年も勤めていた人が、いきなりリストラに合い失業・・・。そんな人は病気になっちゃうケースもあるんじゃないかなぁ。  自分達の業界で言えば、大手ゼネコンの社員だった監督や営業マンなどが、リストラ対象になり、失望し中小零細企業で、給与もボーナスも安い(ボーナスなんかは、あるかどうかも分からない・・・)建設業にやもなく就職するって感じかなぁ。

昔とは違う環境・・・むかし下請けを使って、下請けにやらせていた測量や丁張り、写真などを、自分でやっていかなければならなくなったり・・・。

世間は、ますます厳しい時代になっていくんだろうなぁ。。。

評価:
井戸 美枝
日本実業出版社
¥ 1,260
(2007-08-21)
| 不景気 | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
瀬戸際の経済大国日本
  ロシアは大きな力を持ち始めています。 中国も以外と外交がうまく工業で貿易の黒字をガッチリ貯め込んでいて、これからはその札束を持って、ブラジル、アフリカへ行き資源を買い漁っています。。。 つい最近の北京オリンピックまで、それも手伝って全面インフレの素地はできあがりました。

・・・となると・・・日本は?。 資源のほとんどが輸入に頼っています。 資源不足の日本は・・・、アジア諸国を引っ張ってきた日本は・・・、急激に追い詰められる事・・・・必至です。。。

石油は、日本では消費全体の1%未満とほとんど採れず、食料自給率も40%弱。。。60%以上を輸入に頼っている現状です。
その40%の農作物も、昔のように肥溜め(トイレで使用した、大小ですね(^^))を汲んできて作ってる訳じゃなく、農薬がなければ成り立ちません。自分達が小さい頃は、家の肥溜めを、父が畑などにまいていたの覚えてます。結構臭かった〜って感じで・・・。

トラクターも石油で動いています。石油が上がれば全てにコストが跳ね上がり、下手をすると農作物が作れなくなる可能性だってあるのですよね〜。。。 追い詰められた日本・・・。 瀬戸際です。今は価格が乱高下で、又石油など値段が下がっています。でも・・・その先は・・・。
| 不景気 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
儲からない仕事は止めるべきです
  儲からないのに、請けてしまう仕事。・・・私たちの労働も資本もコストはかかっています。会社としては、遊ばせておくわけにはいかず、儲からない・・・赤字になる・・・そんな仕事も請けてしまいます。
そこには、会社として仕事の今後の受注先や見込み受注などの先読みする余裕もなく、明日の労働を確保するために・・・それだけです。

適切な利益を確保できない仕事(現場)っていうのは、過度の負担がかかります。単価が安い為にすべて無理をした状態。単価が安くて仕事量は多い。アンバランスな状態。

人間は物理的に食事も摂って睡眠もとらなければならない。自分の余暇を楽しんだりする時間の大切です。

今までとは違う会社スタイルがこれからの生き残っていく上で必要だと思う。
会社から言われた仕事をする(こなす)のではなく、自分を他社に売り込み、自分で営業自分で管理・仕事・・・。大変ですが、それをいていかないと会社は頼りにならない・・・そんな時代です。

10年後・・・今の会社は大丈夫ですか?
とりあえず、もうすぐクリスマス・・・。今年も終わりです。なんとか年は越せそうです。

評価:
岩波 貴士
青春出版社
¥ 550
(2008-07-09)
コメント:儲ける・・・コツさえ、つかめば。。。小さく儲け、いずれ大きく儲ける。そんなネタ帳です。

評価:
竹田 陽一,栢野 克己
フォレスト出版
¥ 1,470
(2002-11)
コメント:小さな会社だからこそ、伸び伸びできる。やりたい事ができる。儲けのルールを守れば、こんなに楽しい人生はないです。
| 不景気 | 22:02 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
不景気、不景気って・・・。
 2002年以降続いていた戦後最長の景気回復(いざなぎ景気)って、言われてたけど、本当に日本って、いや一般市民の私達って実感全然なかったように思います。

 ごくごく一部の大富豪の方、又はIT関連の会社など、時代を握るえらい人、時代を先読めた若い青年実業家さん達だけで、会社の年数は30年だの50年だの言ってても、なにも変化のない中小零細企業は、全然進歩も無いわけで、そこで働く会社員の方のほとんどは、給与がボンと上がるわけでもなく、賞与も同じで、いざなぎ景気は実感されてなかったんじゃ〜ないんでしょうか?

実際、私も建設業界で働いておりましたが(現在もそうです)公共工事は、年々減少、低入札による工事価格の減少。。。 当然今まで、下水工事であれ、道路工事であれ、元請で契約できれば、それなりの金額は会社に残せれたものが、いっぱいいっぱいの低入札の価格で落札しても、工事が上手くいってトントン(儲けなし)下手こいた〜〜・・・みたいな事になったら、赤字(大赤字)になります。

施工も下請けに激安で渡したりするもんだから、施工も雑になります。(仕方ないよね・・・)
予算も無いのに、下請けだからって無理なんだい言ってくる元請は、消えていきます。。。
だって、次に甘い事言って、仕事の話しをしてきても、請けたら何もしなくてエラッそうな態度で・・・。そんな請けてもらえる下請けが見つからずこまっている元請業者(ペーパーカンパニー)も結構多く、それって、結局15%だの20%だのって、ペーパーで勝負してるだけで、現場の施工の事についてなんて、どうでもいいって感じでムカつきます。

・・・これから不景気がもっと加速していくんだろうなぁ。。。どうなっていくんだろ〜って。
会社も10年単位で潰れていき、又できって感じで。。。混乱した社会になっていったりして。
不景気、不景気って言葉で、ボーナスもでるかでないかって、そんな会社に骨埋める覚悟で頑張りますって気もないし、でも家族もいる身で、何情けない事を言ってるのって気もしますし、悩みも多くついつい眠くなってします今日この頃でした。。。(^^;)

 

評価:
秋月 りす
竹書房
¥ 880
(2003-11-17)
コメント:深く考えても、不景気は変わらない。だったら開き直って。。。そんなヒントがある本です。
| 不景気 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |