©PETAPPA
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SPONSORED LINKS
NTTブロードバンドナビ(gooでハリウッド映画が観れる)。
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今年の抱負・目標を教えてください! | main | 細木和子の占いは有料!こちらは、無料の幸福の姓名判断占い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
雇用崩壊で失業者は派遣村へ
  派遣村・・・。そんな村にいたって、先が見えない、その日暮らしの派遣社員。。。

20年前の人材派遣会社は、専門職って言う名目で、各企業に派遣していたと思う。 派遣された人財が必ずしも、専門分野に精通していなくても、未熟でも派遣された企業では専門的な部門で仕事をしていたと思う。

給与も、けっして悪い事もなく(むしろ、いい方だったかもしれない)ボーナスも、もちろんあった。


じゃ〜、今の派遣労働者は・・・?日当計算に換算したら、5000円〜9000円くらいではないだろうか・・・。
専門職にだけ認められてきた派遣が1999年に、「原則自由化」。 2004年には製造業でも認められるようになり、派遣は、いつしか企業にとって格安な・・・「何かの時のための企業雇用の調整弁」的な位置付けとなっていった。


まさに、そこから派遣業界は転落していったのである。

無法地帯状態の派遣会社、派遣労働。

「派遣社員だもの、企業が業績悪かったら、派遣切するのはあたりまえ」って言われています。

不景気で、企業の仕事量も減っています。

今は、デフレで石油価格は下がっています。・・・それも下げ止まりらしいです。

・・・先は、どうなるんでしょうか?






| 不景気 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:21 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック