©PETAPPA
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
NTTブロードバンドナビ(gooでハリウッド映画が観れる)。
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 雨の日の現場 | main | 惜しくも負けたけど、実力は五分五分。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
西松建設と政治と闇献金
 
氷山の一角なんでしょうね。
| 現場監督 | 17:38 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:38 | - | - | pookmark |
コメント

 小沢党首は、2004年の参議院選挙の時の、管さんのように嵌められたのでは?
 あの選挙は、今や全く意味を成さない「百年安心年金」の選挙でしたが、あの時、菅さんは、やってもいない年金の不払いを社保庁にリークされて、民主党の党首を辞めることになりました。でも、実際は菅さんに年金不払いの事実はなく、管さんが民主党の党首を辞めた後、そして参議院選挙が終わった後になって、社保庁は謝罪をしたのです。

 あの時の選挙は、「百年安心年金」と自信満々に言っていた、小泉自民党のサイドに、年金の不払い者が続々と発見され、閣僚の中にも不払い者が見つかり、与党サイドの勝利は厳しい状態でした。

 そういうタイミングで、社保庁が、与党サイドにとても都合の良いミスをしたのですから、故意のミスを疑いたくなります。
 今度も同様のことが起きているのではないでしょうか?
 社保庁に嘘をつかせることができる人間がいるのなら、西松建設の関係者に嘘をつかせるのは、ずっと簡単なのでは?札束で横っ面を張るようなことをすれば、済むでしょうからね。
 もしかしたら、そういう人物なら、検察にも、札束で横っ面を張るような真似ができるかも?
 現在は予算審議の真っ最中で、与党自民党は、どんな予算案も可決が可能な、小泉元首相の3分の2を持っているわけですものね。
 そして、各省庁に、リストラを要請するのが、いわゆる小泉の構造改革なわけで…。

 なぜ今回に限り、任意同行も事情聴取もなしに、いきなり逮捕なのか?
 何者かが検察にプレッシャーを掛けた結果だとしたら、非常に恐ろしいです。まるで、軍事独裁政権の昔に、日本が戻り始めているような気がします。
 あのようなひどい時代に、二度と戻りたくないです。日本の民主主義を守るために、引き続き野党に頑張って欲しいです。(自民党には、「大東亜共栄圏構想は間違ってなかった。」などと公言するような人や、その仲間の人達が、大勢いるようですから。民主主義を守ってもらえるとは思えません。)
| 通りすがりです | 2009/03/09 12:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suparkantoku.jugem.jp/trackback/59
トラックバック