©PETAPPA
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
NTTブロードバンドナビ(gooでハリウッド映画が観れる)。
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
リストラやボーナスカット・・・この先の行方は・・・。

評価:
立石 泰則
草思社
¥ 1,785
(2008-11-25)
コメント:まさに、題名の通りで、企業は誰のためにあるんでしょうか。

評価:
村田 信夫
同文舘出版
¥ 1,365
(1997-12)
コメント:それでも降りかかってくるリストラ。そんな危険な状態の時に前向きに考えそして、切り開いていく。そんな本です。
  昨今大手自動車メーカーや家電製品メーカーなどなど・・・リストラ、ボーナスカットの情報が新聞やTVなどで話題になってます。 金融不安・・・世界的な不景気・・・。
 企業としては、解雇(クビきり)って言葉より、リストラって英語で言い換えることでなぜか経営側の心理的後ろめたさを(1990年代初めのバブル崩壊時の時から・・・)軽減することを目的にしていた。

アメリカ企業の多額の損失が、日本へ・・・。 

バブル崩壊した1990年代は金融機関(つまり銀行)拓銀・長銀・・・。山一證券などなど。。。不良債権の増加、株価低迷を受け破綻しました。
銀行さんが破綻するのは、キツイよなぁ〜。一般市民の私達でも思うもん。。。
企業がメインバンクとして取り扱いしていた銀行が潰れたら、たちまち取引してた民間企業も倒産の危機にひんします。・・・他の銀行から改めて融資を受けるって・・・困難だろうし・・・まず無理でしょう。・・・結果は、ボーナスカット、リストラって事にまずなり、持ちこたえれなかったら、・・・倒産。

我々の建設業界も同様で、特に建設業界は今、戦争修羅場状態だと思います。
ボーナスカットだなんて、そんなんボーナスなんて3年も前からもらってないし・・・とか、昇給、残業なし状態です。(多分かなりの中小建設業の会社はそうだろうと思います。)でないと、実際現実の契約単価では、ほぼどの会社も維持していくだけで、せーいっぱい。
退場しようか迷ってる建設会社の多いとおもいますよ。

私は、監督業をやってはおりますが、半分は営業もしています。 営業的な話で元請業者の社長(又は専務・常務)と仕事の話の依頼を受け、現場立会いし図面を受け取り見積もり。結果、値引きもあり金額が決まったとしても、今は支払いは現金100%でお願いしています。

以前は、手形(90日サイト)を、現金50%・手形50%の割りで仕事を請けたりしてましたが、昨今は、信用できる業者も現金取引でないと恐いです。(いつ、裏切られるか・・・みたいな)

公共工事も今は、ダメです。。。全体的に何でも激安単価。
・・・一言・・・「こんな激安じゃ〜、良いもの(構造物)はできません」問題にならない、何かを手抜きしていかないと、企業は倒産していくんでしょうね〜。






| 現場監督 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地耐力試験って最初に行なうでしょう・・・。

評価:
---
(株)神山製作所
¥ 9,526
()
コメント:一人で舗装面積や、ざっとした敷地面積・距離などを測る時に最適です。

評価:
---
建設物価調査会
¥ 3,800
(2008-11-25)
コメント:現在の全国の市場単価や労務単価が記載されています。見積もりや実行予算などの作成時にやくにたちます。
  造成工事のL型擁壁工の地耐力試験を先週末に、元請の社長から言われ本日その試験を行ないました。 本来、地耐力試験(平板載下試験)は施工前に行なうもの、又は床堀まで施工して、その場所にかかる荷重測定に行なうものだと思いますが、今回はすでに捨てコンクリートまで施工済で、急に試験を行なってほしいとの元請要望で行なう事になりました。

なぜ・・・急に・・・? タッパ(高さ)も、H=1100の低い擁壁だし必要ないじゃん・・・。

・・・元請社長と司法書士と仲が良くないみたいで、たいして大きい造成でもないのに、開発許可もなかなおりず、今回施工は始まったが、元請社長がなぜか「後々地耐力試験はしてないの?」って指摘されるかもって不安になってきたみたいで、下請けの私達の方にふってきたわけです。

いい迷惑というか、当初の予算も無いのに、地耐力試験費って結構高く先週はブツブツ文句を言わせてもらいました。(^^)

今日は、現場の捨てコンを一部横断的にカッターにて切断、撤去し試験屋さんが来るのをまちました。 無事に設計荷重はどうやらででるみたいで(もし、設計荷重に達していなかったらやり直しになる可能性がある)ホッとしました。何かともめるこの現場。元請社長は、悪い人間じゃないんだけど、ブローカーなので、電話でやりとりしてるだけ。だから何かあると全部下請けまかせになるので、現場にもっと足を運び、施工状況、工程状況を把握しないとって思いますね。

ガラの悪い建設会社だったら、今回みたいな事があったら、大問題になる可能性だってあるんですよ。 物作りは現場から。現場を知らないと見積もりも工程管理、施工方法、その他何にもわかりませんよ。 元請からの内訳書から「何%引いてどうやぁ〜」ってながすブローカー稼業ではねぇ。

| 現場監督 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日からブログ開始しました。v(^^)v
  初めまして。。  今日から自身の仕事(建設業の現場監督)中心に書くブログを始めました。

自由に自分のブログに書き込みしていきます。  

私は、昨年勤めていた建設会社が倒産し、一時期ふさぎ込んでました。(軽いうつ状態) 別に、スーパー監督(ブログ名)でも何でもないんですが、自分なりに官公庁発注の工事(現場代理人)や民間発注の外構工事、造成工事などなど、いろんな経験や思い出・・・辛い思い出などありました。


その時の社長も、自分的には好きなタイプの社長で、この小さな建設会社で一生お世話になろう!
監督として飯を食っていこう!・・・と思ってました。。。

ですが・・・昨今の不景気・・・。  建設業界も、官公庁発注の入札の激減。低入札。下請け、孫受けなど、1工事に重層される建設会社の体制。(一番下の一番大変な施工会社が一番損をする体制)施工単価の激低価格。

・・・など倒産に追い込まれる会社は年々増加していきます。

綺麗な構造物を作って・・・契約金(出来高清算)は、1円も振り込まれず・・・。(詐欺ですよね)

丸投げのくせに、やたらえらっそうな、幽霊会社的な、ブローカー建設会社。(レベルの1つも見よう確認しようとしません・・・たぶん見れないんでしょうなぁ)


そんな、荒んだ建設業界がなんだか嫌になり、前会社の倒産時に、「もう、この業界の仕事は(監督業ですが)やめよう・・・給与もどこえいったって上がる訳ないし・・・。

ですが・・・とりあえず家族もいます。(ごめん。とっても素敵な家族もいます)住宅ローンもあります環境で、遊んでいたいけどいられない状態でしたから、アルバイト(自分の心のなかでは・・・)感覚で、造園作業を3ヶ月ほどしてました。


ですが、今また現場監督業をしています。。。

給与も上がらない。ボーナスも見込めない。休みも少ない。危ない職種。そんな建設業界。。。

光がさすのは・・・いつになるんでしょうか・・・?
| 現場監督 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/2PAGES |